脚は短く、負けず嫌いな、やり投げ選手の練習・余談ブログ。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
やり投げの専門技術ポイント&欠点の矯正③


最後は「投げ~身体の処理」




●技術ポイント

1:投げ出した槍を肩ごしに見る。

2:投げ出し後、脚の切り替えをする。





●誤り

・投げた槍に視線がいかない。
・リバースして助走路内にとどまれずファールをする。





●原因

・投げるときに身体が左に傾きすぎ、頭が左にそれてしまう。
・ステップに入るマークが助走路のファールラインに近すぎる。
・投げる姿勢のバランスや力の加え方が悪い。





●矯正方法

・標的投げなどでコントロールをつける投げ方をする。助走中から標的をよく見て目をはなさないようにする。投げ出しは、やや右方向をねらう。
・全助走投げを行ない、ステップに入るマークが全力で行なっても少し余裕のあるくらいの位置にしておく。
・投げるとき、右脚から左脚へと体重を移動し、右脚に体重を移動して止まる練習を繰り返し、身体のバランスや力の加え方を覚える。






とりあえずこのテーマは終わりですね

タイピング苦手だから大変でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© Javelin throw. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。