脚は短く、負けず嫌いな、やり投げ選手の練習・余談ブログ。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
12月24日の練習

12月24日(木)
気温6℃
練習場所:自宅前(アスファルト直線走路30m)



午後11:00~11:40



・腹筋、背筋、腕立て伏せ×30回×2set
・タオル振り切り(立ち投げ、ワンクロス、7歩クロス)×各15本




今日は夕方から友人たちと遊んでいたので、
夜練をしました




普段の夜練は1日の練習で疑問に感じた動作などを再度確認するためにやるのですが、

バイトや用事でみっちり練習をする時間がない時にやったりします




まずはシャワーで10分程度、身体を温めます
これが意外とw-up代わりになるのです!!



そして浴室を出てからすぐにタオルで身体をよく拭き、
体温を維持するようにします



次にすぐタオル振り切りへ移行せず、
まずは体幹補強をします。



f1104a.jpg




おおー
恐ろしい画像が出てしまった


このブログ使い慣れん



まぁ体幹っつーのは簡単に言えば
「身体の軸」


この体幹がしっかりしてないと、

速く走れないし、高く跳べないし、遠くへ投げれない。



スポーツマンにとって必要不可欠なのです



この体幹は筋トレなどで身に付きます。

(※大胸筋、腹筋、僧帽筋、広背筋、背筋、側筋など)


やり投げは特に上半身のひねりを使うので、
強く意識できるようにタオル振り切りの前にやりました




今日のタオル振り切りで気を付けたポイントは

・フォロースルーを大きくする。
・リフト動作を強く意識する。
・スリ足接地を素早くする。
・左肩、右肩、右腰のラインを一直線にする。
・肘を下げないようにする。



いつもの投擲練習でのポイントとそんなに変わらないですが、
持っているものがタオルなので、できるだけ下半身の動きを大切に振り切りました(*・ω・)


ちなみにタオルは一つ結び目を作ることで、重心が生まれるのでオススメします!




今回のタオル振り切りでは
右腰に体重を乗せる意識も、リフト時に強く地面を蹴る意識もできるようになってきました



26日は競技場で練習するので、
それまでタオル振り切りでイメージを作っていこうと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© Javelin throw. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。