脚は短く、負けず嫌いな、やり投げ選手の練習・余談ブログ。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
骨密度×ペンギン


ペンギン




今回のテーマは「骨密度」



脱線系筋肉ワードですort



でも知っておくと誰かに話したくなるはず!!






人間や動物には骨があります。


その骨は普段の生活やスポーツ動作に、
とても重要な役割を果たしております。



「骨粗しょう症」という言葉は聞いたことあると思います。


簡単に言うと骨がスカスカの状態


040202.jpg



ちょっと画像がエグイなort



見て分かるようにスカスカですね
わたアメみたいっす



鳥なんかはこんな風に骨がスカスカで軽いので、
空を飛べるらしいです




この病気は主に食生活などが問題で起こるらしく、
カルシウムをしっかりと摂取していれば問題ないみたいです

(中学の家庭科で習ったようなぼんやりとした記憶参照)




高校女子の長距離ランナーの骨密度を計測したデータでは、
一般の高校生と比べるとやや骨密度が低いということが分かっています。




さぁここから一気に脱線したいと思います




先ほど鳥の話をしましたが、ではペンギンの骨はどうでしょうか?


彼らの翼は見ても分かるほど分厚く堅そうですね





2年前くらいに深夜のバラエティー番組で
「いろんな動物の秘密を探ろう」というテーマのものがやっていました。


そこでペンギン担当の飼育員のインタビューがありました



「ペンギンの翼やばいっす
歩く時にバタバタやるじゃないっすか?
あれがモロにスネに当たったことあるんですけど、
軽く骨にヒビはいりましたもん。ええ」



ええじゃねーよort




事実かどうか分からんがとにかく分厚いらしい!



それからペンギンは水深200m~300mくらいまで潜るらしく、

潜る前に石などを食べてお腹を重くするらしいです。




石+重たい翼=頑張って潜る

ペンギン方程式




そんなに潜ったら水圧ヤバイんじゃ?って思って調べたら、

胸の筋肉も相当発達してるみたいです。


寒さや水圧に耐えれるほどですもんね。





でも水中でのスピードはそうでもない気がする


魚を捕ったり、遊泳のときは時速5~10km/h

敵から逃げるときは時速15km/h以上



わかりにくいなort




他の魚と比べてみる



カレイは1km/h
ウナギは4km/h


カツオは60km/h
マグロは80~90km/h
メカジキは100km/h以上




うーん
わかりにくいort

地上生物と比べよう



ナマケモノは185m/h
人間の徒歩は4km/h
ウサイン・ボルトが9″69出した時は37.2km/h




だめだわからんort



まぁペンギンすごいってことで
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© Javelin throw. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。